このような相場のときにどう動くかは、あなたの戦略によって異なります

FXの取引をする際は、いま相場が上がっているのか、それとも下がっているのかを見極めることが重要になります。というより、それがFXで利益を出すための大前提ですね。
上がっている、下がっている、といった傾向のことをそれぞれ「上昇トレンド」「下降トレンド」と呼びます。
ごく基本的な戦略としては、上昇トレンドの時に買いで入り、下降トレンドに切り替わるタイミングで売って利益を確定します。逆に下降トレンド時は売りで入ることになります。あえてこれらの逆を張る取引スタイルもありますが、戦略としては高度になるので、初心者のうちはやめておいた方が良いでしょう。

上昇トレンドでも下降トレンドでもない相場を、「横ばいトレンド」「トレンドレス」などと呼びます。または、ある範囲(レンジ)をうろうろしているという意味で「レンジ相場」と呼ぶこともあります。当然ながら値動きが全く無いわけではありませんから、例えば一日単位のチャート(日足チャート)ではレンジ相場であっても、時間単位で見れば明らかなトレンドが確認できることもあります。

このような相場のときにどう動くかは、あなたの戦略によって異なります。短時間のトレンドに基づいていつもより細かく売買していく人もいれば、いつも見ているチャート上にトレンドが現れるまで、ポジションを持たずに待つスタイルの人もいます。チャートを次々に切り替えていると戦略がぶれやすいので、少なくとも初心者のうちは、レンジ相場ではじっと待つスタイルがおすすめです。

さらに、FXの基本や全体の流れ手続きなどを知りたい場合は、【夢を掴んだベルーガアジアライフ :FXとは一体?】というサイトが詳しく解説しているのでオススメです。